詩集:著 岩倉義人

>homeへ >詩集の目次へ

「虹色の牢獄」

雨音の中へ手を伸ばし
半透明な手のひらに
26粒の誤った命たちを
集める

偽物のガラスキャップ
灰色の
生暖かさ

構わずにそれを捨て
逃げ出してしまったのだろう

半透明な抜け殻を着込んで
金縛りの種を植え付けられた
小さな
雨音たち

見つけられた時には
グレーに
毛は固まっていて
黒目には雲が映っていた

空ろな26粒達は
それぞれに舌打ちした

虹色の牢獄

そこには今も待ち構えているのだろう
痛めつけられた
半透明の指先たち
触れることの出来るものは
こびりついた
何かの動物の体毛だけ

気の滅入る暖かさのかけら
とっくの昔に消えてしまった
舌の上のざらついた蜜の味は
もう必要とされることはないのだろう

poem-img
レザラクスhomeへ
Copyright (C)2004-2012 Yoshito Iwakura
http://lezarakus.nobody.jp/
このサイトはリンクフリーです
相互リンクサイト募集中