詩集:著 岩倉義人

>homeへ >詩集の目次へ

「ギテエン」

彼に会う事、それは私に空の色を忘れてしまえという事。
水溜りの中で溺れる蝶。
蝶は水溜りに映る、雲の中で溺れていた。
蝶は空の青を溶かしこんだ水を腹いっぱい飲みこんで、満足したんだろうか。
私は石ころをつかむと、その中に投げこんだ。
引き裂かれた空はしばらくすると、何ごともなかったかのように元に戻った。

今の私にはそんな事さえも辛く感じた。
私は水溜りの底に沈む蝶をすくい上げると、それを道路の方に投げ捨てた。
すると、その丁度真上を猛スピードで自動車が駆け抜けて行った。

私は蝶の内蔵が弾けて、タイヤに緑のしみを作っている様子を想像した。
しかし、まだ蝶はしつこく生きていた。

蝶はまた何台か車をやりすごすと、今度は体を引きずって、前に歩いた。
私はその余りにも無様な様子を笑うことしかできなかった。

蝶は最後の車にひかれそうになった瞬間に姿を消した。
きっとどこかに飛んでいったのだ。

そして、どこかで死んだ。
そうに違いない、蝶は死ぬためにだけ飛び立ったのだ。

ただ、そこではないどこかで。
たぶんそこはギテエン空間と言う名前だ。

私の彼も多分そこで、私を待ち構えているはずだ。
そうだとしたって私は構わない。

私にだって、あなたを終らせることが出来る。
あなたのお終いは白い羽根の跡。

私は手を伸ばすと、それを優しくむしり取るの。
私にはあなたの血の色が緑色だってことが分る。

あの蝶と同じいろ。

それに引き換え、私の血の色は青い。
あの水溜りに引き裂かれた、空の色と同じ。

あなたが私をギテエン空間に導くと言うのなら、
私は蝶の羽根をあなたに渡してあげる。

その羽根はあなたの腐った指を貫いて、地面に影を落すでしょう。
その鱗粉の中で私は生き抜いてみせる。

だって、私には
齧りかけのリンゴを
そのままにしておけるほどの
価値が無いんですもの。

ギテエン
レザラクスhomeへ
Copyright (C)2004-2012 Yoshito Iwakura
http://lezarakus.nobody.jp/
このサイトはリンクフリーです
相互リンクサイト募集中